綺麗な肌・私の美容法

綺麗な肌・私の美容法

理想的なお肌のために

 

〜綺麗なお肌を保つためには小さな努力が必要〜
日焼けをしないように、怪我で傷が残らないように、しみ、ほくろ、除毛、アトピー体質など、きりがないほど気をつけなければいけないことがたくさんあるんです。大変だなーと思いがちですが毎日規則正しい生活を送ることで随分解決出来ることがたくさんあります。日焼けをしないように、帽子や日傘を利用したり日焼け止めクリームを使うなど、ちょっとした注意をすることで肌を紫外線から守ることが出来ます。これ以外に、美容エステの銀座カラーへ通ってみたり、天気予報を確認して外出したり、どんな時期に紫外線が強くなるのか、日ごろからの心がけで随分防ぐことが出来ます。次に怪我のあと気をつけておくことですが、皮膚は傷を治そうとしている時期に日光にあたるとしみになりやすいのでなるべく露出しないように心がけたほうがいいでしょう。
〜次に除毛をする場合の注意点〜
脱毛クリームの場合、肌に直接塗って毛を溶かして処理するので皮膚にもダメージがあることを忘れないようにしましょう。適切な脱毛処置を施したい場合は、ミュゼなどの専門エステに通うことをオススメします。脱毛器を使う場合注意事項として生理中、生理の前には行わないようにしてくださいと書いてあります。これは生理によって皮膚が過敏になったり、普段と違う反応を起こしてしまうことがあるので、こういったトラブルを避けるために生理の時期には注意をするようにという配慮です。次にアトピー体質、アレルギー体質では、皮膚に過敏に反応をしてしまうことがあります。病院で使う消毒綿などもアルコールを使用してあるので肌に合わない人へは配慮してもらえます。
転職エージェント

 

基礎知識

 

どうして人の体には毛があるの?
人間の肌にある毛には大切な役割があります。体温の調節をしたり怪我を防いだりと本来なら必要なものとして毛があるのです。でも現在の社会ではムダ毛の処理は女の子のマナーとなっているといえます。病院で処置をする際に剃毛することもありますが、これは傷口を清潔に保つ必要がある時に行われているようです。エステに通うのであれば銀座カラーがオススメです。
肌に優しい手作りのコスメ

毎日使っていた化粧品や、シャンプー、台所の洗剤が、ある日突然お肌に合わなくなった経験はありませんか?使っていたシャンプーが合わなくなって全身に湿疹が出来てしまったり、化粧品がお肌に合わなくなってしまうというトラブルは誰にでも起こりうることです。これは女性ホルモンの変化や、ストレスなども大きく影響しています。この他に界面活性剤なども皮膚に悪い影響があるといわれています。
綺麗な肌を保つための健康法
綺麗な肌を保つためには規則正しい生活、バランスの取れた食生活が大切です。寝不足で目の下にくまができたり、お肌の調子がよくないという話をよく耳にすると思いますが、生活のリズムはお肌にもかなり影響があるといえます。食べた物でお肌への影響ってあるのかな?と考えてみてください。実際には今夜の食事が明日の肌に影響するということはあまりないと思いますが、油っぽいものを食べ過ぎたら翌日肌が油っぽいなと感じることはあるでしょう。次に長い目で見てみるとバランスの取れた食事、お肉ばかりではなく野菜も一緒に食べる、ビタミン摂取、野菜ジュースはお肌にいい、いろんなことが言われていますが、これにもちゃんと理由があるのです。便秘にならないように野菜を食べてからだの中に老廃物を溜め込まないようにしましょう。
お肌のために気をつけておきたいこと
 洗顔の後、水分、油分の補給をしておくこと
 お出かけの時には、日傘や帽子で紫外線カット
 ストレスをためない
 適度な運動、汗をかく
リラックス効果
アロマを使ってお肌へのリラックス効果をためしてみましょう。お風呂に数滴エッセンシャルオイルを入れる方法や、バスソルトなど。お部屋で楽しむ方法としては、ディフューザーアロマランプ、簡単な方法ではお湯をいれたコップにエッセンシャルオイルを数滴いれるなどいろんな方法で香りを楽しみながらリラックスしてみてはいかがですか?

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ