アロマの効果

アロマの効果

リラックス効果

〜エッセンシャルオイルを使ったアロマでリラックスしてみませんか?〜
エッセンシャルオイルが人に作用するルートは、2つあります。香りを楽しむ嗅覚からのルート、もうひとつは皮膚から直接作用するルートです。どちらも美容にとてもよい効果をもたらします。
香りの作用は嗅覚で識別され、大脳に働き、精神的にリラックス効果をもたらしたり、女性ホルモンに作用し恋をしているかのように活性化するなどの効果もあるといわれています。
最初はどんな香りから始めてよいのかわからない人がほとんどだと思うので、身近な香りをいくつか紹介します。ただ、嫌いな香りを無理に楽しむ必要はないので、自分で気に入ったもので楽しむようにしてくださいね。

 

 

ラベンダー
ラベンダーは、いろんなところで使える万能なエッセンシャルオイルです。香りからは、神経を穏やかにさせる鎮静の効果があるため眠れないとき、頭痛のときなどに効果があります。皮膚に対しては、日焼けなどで肌がひりひりしているときなどに有効です。皮膚を活性化させるなどの働きを持っています。

 

ゼラニウム
女性に優しいオイルです。女性ホルモンの調整をしてくれるので、生理不順や、更年期障害などにも効果があります。また皮脂のバランスを保つ効果もあるので、化粧水などに加えて使うのも効果的ですね。

 

カモミールローマン
生理不順など、不安を抑えてくれるなどリラックス効果もあります。皮膚に対しては乾燥肌によいとされています。普段カモミールティーなどで飲んでいるのはカモミールジャーマンのほうです。

 

 

お部屋でアロマポットなど器具を使う以外にも簡単にはじめれらる方法があるので是非試してみてくださいね。たとえば、手軽にお湯をいれたコップに数滴いれて香りを楽しむ方法があります。間違えて飲まないようにね。お気に入りの香り、ラベンダーなどをコットンに数滴落として、枕の近くに置いておくのもお勧めです。この他にもお風呂に数滴いれたり、しおりに香りをつけて楽しむなど、用途はさまざまなので自分のスタイルに合わせて使ってくださいね。

 

注意点:エッセンシャルオイルには光毒性のあるものがいくつかあるので、注意が必要です。ここで紹介しているものにはありませんが、皮膚についている状態で紫外線に当たると光毒性があるということです。たとえば、レモンや、グレープフルーツ、ベルガモットなどです。エッセンシャルオイルの原液を直接肌につけることはほとんどないと思いますが、中にはこのようなものもあるということを覚えておきましょう。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ